『月の満ち欠け』佐藤正午

正月休みに読了。
まったく、事前情報無しに読み始めて、冒頭は意味がわからなかったのですが、中盤に進むに連れて深く読み行ってしまうような作品でした。いつの誰の話なのかが途中途中入り交じるので混乱することもあったが、非常にファンタジックなな内容で面白かったです。